1. TOP
  2. スパイク(アタック)
  3. オープンスパイクをクロスとストレートに打ち分ける練習!

オープンスパイクをクロスとストレートに打ち分ける練習!

 2018/07/31 スパイク(アタック)
この記事は約 5 分で読めます。 5,235 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

Sponsored Link

オープンスパイクをクロスに打つ練習方法とは?

オープンスパイクが打てるようになったら、次は打ち分けることを意識して練習しましょう。クロス打ちの練習方法を紹介します。

 

オープンスパイク(クロス)の正しいフォーム

スパイクを打つ瞬間に相手のブロックやレシーバーの位置を見て、スパイクのコースを柔軟に打ち分ける必要があります。

レフトもしくはライトのサイドから対角線方向に深いスパイクを打ち込むのがオープンスパイクのクロスです。クロスは最も威力のあるスパイクです。

『注意するポイント!』

  • 手のひら全体でボールの芯をとらえること
  • インパクトの瞬間に手首を使ってクロスに打つ
  • 腕は体の右横へ真っすぐ振り下ろす

 

オープンスパイク(クロス)の上達方法

クロスに打つスパイクは、バレーボールのコートのいちばん足の長いスパイクです。クロス打ちのコツを紹介します。

 

対角線上の一番奥をねらう

はじめから鋭角なクロス打ちをするのではなくて、まずは対角線上の一番奥を狙って打ったほうが良いでしょう。その方が決まりやすいし、上達も早くなります。

 

いつもの右側でミートする

クロス打ちは、ボールを打つ位置が大切です。レフトスパイカーなら、いつも力強く打っているスパイクの打点より20~30cm右側でミートすることを意識すると、クロス打ちができます。

 

鎌田 聡
クロス打ちはもっとも基本的なスパイクで、相手コートの対角線上にスパイクを打ち込んでいきます。打つときには、親指を内側にしまい込むと、鋭いスパイクが打てます。

この親指の向きによってもコースが異なるので、どの向きが良いのか研究すると良いでしょう。

 

オープンスパイクをストレートに打つ練習方法とは?

次はオープンスパイクをストレートに打つ方法を紹介します。

オープンスパイク(ストレート)の正しいフォーム

サイドからややネットに正対するように入ってジャンプし、コートのサイドラインに沿って真っすぐに打つのがオープンスパイクのストレートです。できるだけ深く、コーナーのぎりぎりを狙います。

『注意するポイント!』

  • 腕の振り下ろしでストレートに打つ
  • 低い方のブロックのを狙って打つ
  • コーナーのぎりぎりに長いスパイクを打つ

 

オープンスパイク(ストレート)の上達方法

まずはストレートを打つ感覚をからだに覚えこませます。

ストレートスパイクを鋭角に打つ

ストレートはひたすらトスを上げてもらって鋭角に打つ練習をします。この時、ステップはあまり大きくない方が良いでしょう。

まずは正しいフォームで短い距離のストレートを打てるようにして、力加減でどのくらいボールが飛ぶのか、どこを打てば狙い通りの場所に行くのかなどをしっかりと見極めます。

 

ストレートスパイクのコースを読まれないようにする

スパイク全般に言えますが、ストレートを打つ場合に大切なのは、相手にコースを予測させないことです。

腕はできるだけ高く振り上げて、ポイントをとらえて打ち分けたり、ボールをたたく位置をずらしたり、インパクトの瞬間にローリング(腕の巻きつけ)の強弱でスパイクの角度を調整したりしながらコントロールします。

 

鎌田 聡
ストレート打ちは、サイドラインのギリギリを狙って打ちます。クロスよりも距離が短く、鋭角に打ちやすい反面、ラインをこえてしまいやすいので正確性が求められます。

ポイントとしては、ボールの正面またはボールのやや右寄りを打つことです。スパイクをする際には相手のブロッカーがいるので、その際は右寄りに打つことがより効果的です。

上達してきたら、クロスを打つふりをしてストレートを打つなどもしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?オープンスパイクをクロスとストレートに打ち分ける練習方法を紹介しました。

スパイクの内訳ができるようになると、得点力が向上しチームへの貢献度も高くなります。ぜひクロスとストレートの打ち分けをマスターして、勝利につなげてくださいね!

 

鎌田 聡
気に入りましたらブックマーク登録およびSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

バレーボール練習方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バレーボール練習方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kamakama

kamakama

バレーボールが上達したい!そんな強烈な向上心を持っているあなたへ、バレーボール指導歴18年のスポーツ少年団監督の私が、最強のバレーボール練習方法を惜しみなく紹介します。ぜひご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リベロの練習方法とは?バレーボールでは欠かせない守備のスペシャリスト!

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • ジャンプフローターサーブのコツ!相手のレシーブを乱すブレ球の打ち方とは?

  • ジャンプサーブの打ち方!バレーボールで最強のサーブ!上達のコツとは?

関連記事

  • ブロード攻撃とは?相手のブロックを外すスピーディなスパイク!

  • Dクイックスパイクの練習方法!現在はブロード攻撃が主流に!

  • フェイントの練習方法!スパイクに幅を持たせるテクニック!

  • Aクイックスパイクの打ち方!最初に覚えるクイックの練習方法とは?

  • ブロックアウト&リバウンドの練習方法!アタック決定率を上げるテクニック!

  • Bクイックスパイクの打ち方!時間差攻撃など応用の多いクイック!