1. TOP
  2. 選手
  3. 中川美柚(なかがわみゆ)選手のプロフィール!高い身体能力からの攻撃力に注目!

中川美柚(なかがわみゆ)選手のプロフィール!高い身体能力からの攻撃力に注目!

 2020/01/08 選手
この記事は約 6 分で読めます。 813 Views

2019年全日本女子バレー代表に選出された中川美柚(なかがわみゆ)選手のプロフィールを調べてみました!

中川選手は2001年1月8日生まれの日本の女子バレーボール選手です。現在はdivision1の久光製薬スプリングスに所属しています。

久光製薬スプリングスに入団したと同時に、全日本代表メンバーにも登録された実力の持ち主です。

そんな中川選手のプロフィールをひも解いていきましょう!

 

Sponsored Link

中川美柚(なかがわみゆ)選手のプロフィールとは?

  • 名前:中川 美柚
  • 読み方:なかがわみゆ
  • 年齢:19歳(2020年1月現在)
  • 生年月日:2001年1月8日
  • 出身地:愛知県岡崎市
  • ニックネーム:ユズ
  • 身長:183cm
  • 体重:68kg
  • 指高:234cm
  • スパイク最高到達点:311cm
  • サージャントジャンプ:287cm

中川選手の最大の武器は、身長183cmから繰り出される強烈なスパイクです。バスケットボールのリングをつかめるほどの高い身体能力を持つ選手です。

しかし中川選手の武器はスパイクだけではありません。

じつは安定したサーブレシーブにも定評があり、攻撃力と守備力の両方を兼ね備えた貴重な選手なのです。

「サーブレシーブにも入って、スパイクも打てる。リベロよりも体は大きいけれど、うまさがある。イメージは韓国代表のキム・ヨンギョン」

高校時代に中川選手を指導した相原監督は、こう話して中川選手に期待を寄せていました。

まさに中川選手は、センスと実力を兼ね備えたポテンシャルを秘めた選手なのですね!

 

中川美柚選手がバレーボールをはじめたきっかりとは?

中川選手がバレーボールを始めたきっかけは、ご両親の影響が大きいでしょう。中川選手のご両親は共に実業団のデンソーでバレーボール選手として活躍されていました。

特にお母さんの美幸さんはデンソーを引退後も、ママさんバレーの選手として活躍していたそうです。

 

ご両親ともにバレーボールに非常につながりのある家庭で育ち、その影響で小学3年生のときに「上地クラブスポーツ少年団」に入り、バレーボールを始めました。そう考えるとバレーを始めたのも自然の流れですよね。

物心つく頃から夢は「全日本に入りたい」と話していたそうです。

小さいころからバレーボールが身近にある環境で育ったことが、バレーの基礎と努力する習慣を身に付けたのでしょうね。

 

中学校は地元、そして初めての全国大会出場へ!

中川選手は地元の「岡崎市立南中学校」へ進学。バレーボールの強豪校というわけではなかったのですが、チームメイトと努力を重ね、みごと中学2年生の時に全国大会出場を果たします。

その時のエースとして活躍していたのが、中川美柚選手です。

小学生の時に果たせなかった全国大会出場をきめたのです。それがきっかけとなり、中川選手はJOC(全国都道府県対抗中学バレーボール大会)の愛知県代表に選出されます。

 

中川美柚選手はJOCでも大活躍!

中川選手はすでに中学時代には180cm近くの身長と、スパイクを打ち分ける技術を持っていて、当時から将来を期待されていました。

その中学生離れしたバレー能力で、中学2年生では優秀選手、中学3年生ではオリンピック有望選手に選出。

 

さらに飛躍は続きます。

中学校3年生の時にはアジアユース選手権大会(U-17)のメンバーにも選出されて、先発出場して活躍。しかもベストミドルブロッカー賞も受賞。

中学校3年生の時は中川美柚選手にとっての飛躍の年になりました。

 

中学生の頃からすごい選手だったのですね!

 

そして高校は名門東九州龍谷へ進学!

中学校卒業後は親元を離れて、九州のバレーボール強豪校である東九州龍谷学園高等学校へ進学。ここで恩師である相原昇監督(当時)と出会います。

東九州龍谷は通称「東龍」と呼ばれ、多くの全日本代表選手を生み出している名門中の名門校。

  • 岩坂名奈選手
  • 長岡望悠選手
  • 鍋谷友理枝選手

全日本代表でもおなじみの選手ですね。

しかし東九州龍谷に中川選手が入部してからの2年間、なかなか全国優勝を勝ち取ることができなかったのです。

春高バレーの成績を見ても、

  • 高校1年:2回戦で金蘭会に敗北
  • 高校2年:準々決勝で誠英に敗北

 

まったく結果が出ていませんでした。

そこで中川選手は高校3年生の最後の年、相原監督指導のもとサーブレシーブを強化。猛練習のすえ守備力に磨きをかけたのです。

その結果、中川選手は攻撃力・守備力ともに兼ねそなえた選手に成長

そして2016年の夏のインターハイでは、4年ぶりに東九州龍谷を悲願の優勝に導いたのです。残念ながら最後の春高では金蘭会に敗れて「準優勝」でしたが、中川選手にとってのは高校3年間は、とても充実した生活だったのではないでしょうか?

 

まだまだ続く中川美柚選手の活躍!

中川選手はその実力が評価され、高校生のときにU-20(20歳以下の男子並びに女子選手で構成される各国の代表チーム)に選抜されます。

そしてひとつ年上の黒後愛選手らとともに、2018年第19回アジアジュニア女子選手権で優勝に大きく貢献。みごと世界デビューを果たしたのです。

 

高校卒業後は久光製薬スプリングスへ入団!

高校卒業後は久光製薬スプリングスへ所属。

全日本ジュニアやU-23などさまさせまな代表に選ばれたり、全日本の強化合宿に参加したりと、より攻守ともに磨きをかけ成長していきます。

そして2018年全日本代表のフル代表にも初選出。今ではすっかり日本代表選手として選ばれているので、すごいですよね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中川美柚選手のプロフィールを紹介しました。調べているうちに、本当に楽しみがある選手が出てきたなぁという印象を持ちました。

すでにセンスと実力を兼ね備え、Vプレミアや国際大会などで経験を積んで、よりプレーに磨きをかけて欲しいですね。

彼女の成長を見守りたいと思います。もっともっと活躍が見たい

これからも中川選手を応援していきましょう!

 

鎌田 聡
気に入りましたらブックマーク登録およびSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

バレーボールらぼ!用語集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バレーボールらぼ!用語集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

鎌田 聡

鎌田 聡

スポ少指導歴18年、スポーツ推進委員歴10年の経験を活かし、主にバレーボール関連のスポーツライターに。自身もバレーボール歴34年の経験を持ち、バレーボール全般に関する悩みを解消し、健康で豊かな人生を送るための情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中川美柚(なかがわみゆ)選手のプロフィール!高い身体能力からの攻撃力に注目!

  • 藤井直伸選手のプロフィール!ミドルを生かすクイックトスの名手!

  • 李博(りはく)選手のプロフィールとは?日本が生んだ超高速スパイカー!

  • 関田誠大(せきたまさひろ)選手のプロフィールとは?日本が誇る司令塔!

関連記事

  • 関田誠大(せきたまさひろ)選手のプロフィールとは?日本が誇る司令塔!

  • 神谷雄飛(かみや ゆうひ)選手のプロフィールとは?

  • 長岡望悠選手のプロフィール!全日本バレー女子のサウスポーエース!

  • 鍋谷友理枝選手のプロフィール!全日本バレー女子のオールラウンダー!

  • 高橋健太郎(たかはしけんたろう)とは?ガッツあふれるプレーが魅力のスパイカー!

  • 深津旭弘(ふかつあきひろ)選手とは?大型セッターとしての活躍に期待!