1. TOP
  2. トス
  3. Bクイックのトスを上げる!早い攻撃で相手ブロックをかわすトス!

Bクイックのトスを上げる!早い攻撃で相手ブロックをかわすトス!

 2018/07/11 トス
この記事は約 5 分で読めます。 3,068 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

Bクイックのトスを上げる!Bクイックを覚えたくて練習方法を探しているセッターのあなた!

BクイックはAクイックの次に体得したいトスですね。むしろレベルが高くなればなるほど、AクイックよりBクイックが試合で使われているのではないでしょうか?

そこで今回はBクイックのトスの練習方法や上達のコツを紹介します。ぜひご覧ください!

 

Sponsored Link

Bクイックトスの正しいフォーム

Aクイックより距離のある速攻がBクイックで、Bクイックトスは、Bクイック攻撃のために上げるトスです。

セッターとスパイカーとの距離の目安は約2mほどで、トスを上げるタイミングはAクイックと同じです。しかしAクイックよりもスパイカーとの距離が離れる分「トスはボールをすばやく前につく」という意識が必要です。

何と言ってもクイックのトスはキレが重要です。

 

トスをする場合の注意点を挙げてみます。

 

  • ボールの来る方向に体を向け、オープントスの要領で構える
  • 素早くボールの落下点を確認し、ネットを背にしてネット側でない肩から落下点に入る
  • つま先はトスしたい方向に向け、ネットに対して直角にセットアップする
  • スパイカーが先に跳んで待っているところへ、ネット線上ぎりぎりに素早く送り出す。

 

サイドへの速いトスは、センターブロックのマークをはずす効果があります。Bクイックトスのポイントは、手首のスナップを利かせ、ネット線上ギリギリに送り出すこと。

ボールが手の中に入ったら、親指に力を入れて速くボールを前に弾き出します。

 

また、トスはゆるやかな曲線の軌道にするといいです。速いトスだけを上げようとすると、どうしてもトスの軌道が直線的になりがちです。

直線的な軌道のトスでは、スパイカーが打てるポイントが限られるので、ゆるやかな曲線の軌道になるのが理想的です。

 

Bクイックトスの練習方法

Bクイックトスの練習方法を紹介します。

ふたりでレシーブ&トス

セッターのトス力(りょく)を向上させるための練習で、2人1組で行います。トス自体を丁寧に思ったところにあげられるようにする練習です。

手投げした(もしくはレシーブした)ボールをトスしていく効率のいい練習です。飛ばしたいところの下にはコーンやカゴを置いて、まずは前後左右のずれがないかを確認しながら練習していきます。

どれくらいの強さで、どれくらいの角度に飛ばせばいいトスになるか自分の感覚で覚えるための練習です。

Bクイックトスの練習方法
試合などでいつもの体育館と違うところでプレーする場合、天井の高さや電球の数、ベンチの近さによって感覚が変わってくるのでそういう部分を調整するために行うのにも良いです。

 

サーブレシーブとの組み合わせ練習

サーブレシーブ練習のときに、レシーバーはセッターに返し、セッターはトスの練習をします。セッターはサーブレシーブはしないので、サーブレシーブ練習のときに、トスの練習をすると良いでしょう。

 

スパイクとの組み合わせ練習(小さいトスで数多く打つ)

スパイカーがボールをセッターに上げ、セッターはトスを上げて、スパイカーが打ちます。セッターとスパイカーとの、ごく一般的な組み合わせ練習です。

トスがスパイカーにとって打ちやすかったか、高さはあっているかなど確認しながら行い、とにかくアタッカーとのタイミングを合わせることに注意して練習しましょう!

 

Bクイックトスの上達方法

ジャンプトスをする

アタッカーとクイックを合わせるコツとしては、ジャンプトスをした方がスパイカーとのタイミングが合いやすくなり、成功率もはるかにあがります。

 

ボールを素早く前に突く

トスは、ボールをすばやく前に突くという意識が必要ですので、ボールが手の中に入ったら、親指に力を入れて速くボールを前に弾き出します

 

打ってほしいポイントの少し手前に上げる

ゆるやかな曲線の軌道のトスを上げるためには、セッターが、スパイカーに打ってほしいと思うポイントよりも、少し手前にトスを上げるイメージで上げると、理想的な曲線になりやすいです。

 

軌道はゆるやかな曲線にする

Bクイックのトスの軌道は、スパイカーが打てるポイントが多くなるようにゆるやかな曲線を描くのが理想的です。トスの軌道が直線的だと、スパイカーはひとつのポイントでしか打てなくなってしまいます。

セッターやアタッカーが上達してきたら、直線的で速いトスにチャレンジしていきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Bクイックは主にセンタープレイヤー(ミドルブロッカー)のスパイクです。

Aクイックはセッターのすぐレフト側で低いボールを打ちましたが、Bクイックは、Aクイックよりももっとレフト側で距離のあるボールを打ちます。

Aクイックが打てるようになったら、Bクイックも覚えた方が攻撃の幅が広がります。

 

強いチームになるとブロード攻撃も使います。Bクイックの位置からライト側に走りこんでスパイクを打ったり、Bクイックの位置から斜めにジャンプしてAクイックで打つブロード攻撃が代表的です。

Bクイックもバレーボールでは重要な攻撃パターンなのでぜひとも覚えておいてください。

 

鎌田 聡
気に入りましたらブックマーク登録およびSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

バレーボール練習方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バレーボール練習方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kamakama

kamakama

バレーボールが上達したい!そんな強烈な向上心を持っているあなたへ、バレーボール指導歴18年のスポーツ少年団監督の私が、最強のバレーボール練習方法を惜しみなく紹介します。ぜひご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リベロの練習方法とは?バレーボールでは欠かせない守備のスペシャリスト!

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • ジャンプフローターサーブのコツ!相手のレシーブを乱すブレ球の打ち方とは?

  • ジャンプサーブの打ち方!バレーボールで最強のサーブ!上達のコツとは?

関連記事

  • Aクイックのトスを上げる!クイックの中で最初に覚えるトス!

  • セミクイックトスの練習方法とは?時間差攻撃に必要なトス!

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • バックトスって難しい!上達するための練習方法とコツとは?

  • ジャンプトスの練習方法とは?ピンチにもチャンスでも使えるトス!

  • Dクイックトスをあげる!ブロード攻撃にも使えるクイック!