1. TOP
  2. トス
  3. Dクイックトスをあげる!ブロード攻撃にも使えるクイック!

Dクイックトスをあげる!ブロード攻撃にも使えるクイック!

 2018/07/24 トス
この記事は約 5 分で読めます。 2,600 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

Dクイックは現在ではあまり使われなくなりました。理由は難易度が高いうえに、右利きのスパイカーだと、なかなかタイミングが合わせにくいからです。

現在Dクイックはブロード攻撃へと形を変えて、攻撃の幅を広げる役割を担っています。

Dクイックのトスの練習方法や上達のコツを紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

Sponsored Link

Dクイックトスの正しいフォーム

Dクイックトスは、Dクイック攻撃のために上げるバックトスです。

Dクイックトスは、ボールの下に素早く入り頭上でボールを捉えたら、状態を反らしておへそを前に突き出すようにして、後ろにボールを送り出します。

 

セッターはアタッカーの姿が視野に入らないので、正確なバックトスを上げるには練習を重ねることが大切です。トスの距離やスピードの感覚を体で覚えましょう。

また、背面にながい距離のトスを上げることになるため、難易度は高いですが、相手のブロックは外す確率が高くなります。

 

Dクイックトスをする場合の注意点を挙げてみます。

  • ボールのくる方向に体を向けオープントスの要領で構える
  • 素早くボールの落下点を確認しネットを背にしてネット側でない肩から落下点に入る
  • ジャンプしてボールを迎えにいき後ろにそり返りながらトスを長めに上げる
  • トスを上げおわったら素早くブロックフォローに入る

 

ポイントは、トスをあげる高さと位置に気をつけること。高さはCクイックと同じだが、セッターの真後ろからライトへ少し長めに上げるイメージで上げましょう。

また、Dクイックは速さが求められます。ここに注意して、練習に取り組んでみてください。

 

Dクイックトスの練習方法

ひとりや複数人でできる、いくつかのパスの練習方法を紹介します。

レシーブ&トス

セッターのトス力(りょく)を向上させるための練習で、2人1組で行います。トス自体を丁寧に思ったところにあげられるようにする練習です。

手なげした(もしくはレシーブした)ボールをトスしていく効率のいい練習です。飛ばしたいところの下にはコーンやカゴを置いて、まずは前後左右のずれがないかを確認しながら練習していきます。

どれくらいの強さで、どれくらいの角度に飛ばせばいいDクイックトスになるか自分の感覚で覚えましょう。

 

サーブレシーブとの組み合わせ練習

サーブレシーブ練習のときに、レシーバーはセッターに返し、セッターはDクイックトスの練習をします。この練習はより実践的です。

サーブレシーブが乱れたとき、Dクイックトスを上げるのか、諦めてオープントスに切り替えるのか、セッターの判断の練習にもなります。

 

スパイクとの組み合わせ練習(小さいトスで数多く打つ)

第三者がボールをセッターに上げ、セッターはDクイックトスを上げて、スパイカーが打ちます。セッターとスパイカーとの、ごく一般的な組み合わせ練習です。

センター(ミドル)やライトのスパイカーで練習すると良いでしょう。サーブレシーブとの組み合わせ練習とちがってAパスでセッターに返るので、かならずDクイックトスが上がります。

 

そのトスがスパイカーにとって打ちやすかったか、高さはあっているかなど確認しながら練習できるので、よりタイミングをとる精度の高い練習ができます。

スパイカーとしっかりとコミュニケーションを取って練習しましょう。

 

Dクイックトスの上達方法

Dクイックトスの上達方法を紹介します。

トスのスピード・位置・高さを事前に決めておく

Dクイックはスパイカーとの距離が離れているので、Cクイックよりトスの精度が要求されます。

よって、事前にスパイカーとトスを上げるボールのスピード、位置、高さなどを事前に決めておきましょう。

またスパイカーによって、打点やタイミングが異なるので、セッターはそのことも頭に入れてトスアップすることが必要です。

 

ジャンプトスをする

Dクイックを合わせるコツとしては、ジャンプトスをした方がスパイカーとのタイミングが合いやすくなります。

セッターも高い位置からトスアップすることで、早くて相手のブロックもつきにくくなるので、アタック成功率もはるかにあがります。

 

スパイカーから合図をもらう

Dクイックは背後で打つため、セッターはスパイカーの位置を見ることができません。

スパイカーが自分で背後に入るタイミングを見ておき、スパイカーに「Dや入った!」などと声をかけてもらってトスを上げるようにすると良いです。

俗にいう、スパイカーがボールを呼べ!ということです。あとは、スパイカーを信じて正確なトスを上げましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Dクイックは、比較的使われることが少ないスパイクかもしれません。しかし現在のバレーボールでは、ブロード攻撃に使われたり攻撃が多様化しています。

クイックの種類はさまざまですが、Dクイックトスはセッターの技術が問われます。しかしこの技術を習得しておくことで、チームへの貢献度は高まるでしょう。

ぜひDクイックトスも練習に取り入れてみてくださいね!

 

鎌田 聡
気に入りましたらブックマーク登録およびSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

バレーボール練習方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バレーボール練習方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kamakama

kamakama

バレーボールが上達したい!そんな強烈な向上心を持っているあなたへ、バレーボール指導歴18年のスポーツ少年団監督の私が、最強のバレーボール練習方法を惜しみなく紹介します。ぜひご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リベロの練習方法とは?バレーボールでは欠かせない守備のスペシャリスト!

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • ジャンプフローターサーブのコツ!相手のレシーブを乱すブレ球の打ち方とは?

  • ジャンプサーブの打ち方!バレーボールで最強のサーブ!上達のコツとは?

関連記事

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • Aクイックのトスを上げる!クイックの中で最初に覚えるトス!

  • セミクイックトスの練習方法とは?時間差攻撃に必要なトス!

  • ジャンプトスの練習方法とは?ピンチにもチャンスでも使えるトス!

  • Cクイックのトスを上げる!ウラへの早いトスでブロックを外す!

  • Bクイックのトスを上げる!早い攻撃で相手ブロックをかわすトス!