1. TOP
  2. スパイク(アタック)
  3. バックアタックの打ち方!練習方法と上達のコツを紹介!その効果は?

バックアタックの打ち方!練習方法と上達のコツを紹介!その効果は?

 2018/09/19 スパイク(アタック)
この記事は約 5 分で読めます。 2,851 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

前衛からのアタックがひととおり打てるようになったら、次はバックアタックに挑戦したいですね。特にウイングスパイカーのポジションであれば、バックアタックは身につけておきたいところです。

しかし、なかなかうまくいかない・・・。何か良い練習方法はないものか?

そんなあなたに身につくバックアタックの練習方法や上達のコツを紹介します。ぜひ最後までお付き合いくださいね!

 

Sponsored Link

バックアタックとは?

バックアタックは、後衛のプレイヤーがアタックラインの後ろから踏み切って打つスパイクのことです。

以前はレシーブが乱れて速攻ができなくなった時などに用いられていましたが、現在では、バックアタックを打てるプレイヤーをスーパーエースと名づけて、セッターの対角線におくケースがほとんどです。

ックアタックを打てるプレイヤーがいるかいないかでチームの攻撃力は格段にちがってきます。

 

バックアタックの正しいフォーム(動作の流れ)

バックアタックをする場合は、

  • セッターがトスを上げたと同時に助走を開始する
  • ボールから目を離さずに助走を続ける
  • 最後の1歩の踏み込みとバックスイングを大きくする
  • 両手を上げながらジャンプして空中で姿勢を整える
  • 大きく後方へ体を反らしためを作りる
  • しっかりと手首のスナップを使い腕を振り切る
  • タイミングをはかってボールを打ち込む
  • 着地はひざのクッションを使ってやわらかく両足で
  • スパイクし終わったらブロックフォローの姿勢をすぐにとる
  • ブロックされたらレシーブできるようにする

 

バックアタックのポイントとは?

バックアタックのポイントは、オープントスに対して最大限のパワーでアタックヒットできるタイミングの取り方です。ほぼ間違いなくブロックが複数枚ついてくるので、いかにポイントを取るか、その方法を紹介します。

 

  • パワーでブロックアウトを狙う
  • ブロックを見てコースを打ち分ける

 

バックアタックを打つときは、相手のブロックの指先か、外側のブロックの腕をねらって打ちます。そうするとブロックアウトで得点を取りやすくなります。

また相手のブロックを見て、2枚のブロックの間だったりブロックのないコースに打つといいでしょう。さしてねらうべきコースはズバリ、相手コートのエンドラインあたりです。

ネットよりかなり後ろから打つので、下にたたき落とそうとせず、深いスパイクを打つようにしましょう。

 

バックアタックの練習方法!

バックアタックの練習方法を紹介します。

バックアタックのジャンプの練習法

バックアタックはネットタッチの心配がありませんので、助走して前の方向へ向かってジャンプします。

踏み込む足の角度をオープンスパイク時よりも浅くすることで、ブレーキがかからずに力強いバックアタックを打ち込むことができます。

 

バックアタックの踏み切りの確認

バックアタックする時はアタックラインをこえてはいけないので、どの位置から助走をスタートし、どの辺りで踏み切るかを確認しておくことが大切です。

助走のスタート位置を歩数で確認し、セッターにトスを上げてもらい空中でボールをキャッチする練習から始めます。

 

バックアタックの上達方法は?

バックアタックの上達するためのトレーニング方法を紹介します。

前飛びをする

前飛びをする事により「前方に行く力」が発生して、バックアタックの威力がより一層上がり、破壊力が増します。

 

距離感をつかむ

ネットからどのくらいの距離で、どれくらいの高さのトスを打つのがベストなのか、セッターとコンビ練習を繰り返して、最適な距離感をみつけます。

 

「ジャンプサーブ」で感覚をつかむ

ジャンプサーブはバックアタックと同じような要素がたくさん詰まっています。ジャンプサーブで力強いサーブが打てるようになれば、バックアタックも強く打てます。

 

基本の練習を実施する

しっかりした踏み切りでフォームを安定させたり、壁打ちで正確なスイングを身に付けたり、ボールの中心をしっかりミートするなど、自分だけでできる練習があります。基本を身につけるようにしましょう。

 

まとめ

バックアタックはアタックラインを踏むと反則をとられます。

スタート位置から助走や踏みきりでちょうどアタックラインをこえるように歩幅を調整することが大切です。

 

せっかく、バックアタックまでつながってもラインを踏んで反則を取られていては意味がありません。

実際の試合で成功させるためには、セッターのトスやアタッカーの助走練習を繰り返し行い、タイミングを合わせる練習が必要です。

ぜひ練習してみてください!

 

鎌田 聡
気に入りましたらブックマーク登録およびSNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

バレーボール練習方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バレーボール練習方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

kamakama

kamakama

バレーボールが上達したい!そんな強烈な向上心を持っているあなたへ、バレーボール指導歴18年のスポーツ少年団監督の私が、最強のバレーボール練習方法を惜しみなく紹介します。ぜひご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • リベロの練習方法とは?バレーボールでは欠かせない守備のスペシャリスト!

  • ハイセット(2段トス)の練習方法!バレーボールで大切なつなぎのトス!

  • ジャンプフローターサーブのコツ!相手のレシーブを乱すブレ球の打ち方とは?

  • ジャンプサーブの打ち方!バレーボールで最強のサーブ!上達のコツとは?

関連記事

  • 時間差攻撃とは?スパイクの決定率を上げるコンビネーション!

  • クイックスパイク(セミクイック)の練習方法!はじめて覚えるスパイク!

  • オープンスパイクをクロスとストレートに打ち分ける練習!

  • Bクイックスパイクの打ち方!時間差攻撃など応用の多いクイック!

  • Aクイックスパイクの打ち方!最初に覚えるクイックの練習方法とは?

  • ひとり時間差攻撃とは?決まればうれしさ倍増のスパイク!練習方法を紹介!